アウトプットしないのは知的な便秘

1月に開催された ssmonline#6 のテポさんの発表「アウトプットしないのは知的な便秘」に刺激を受けての更新です。
更新できませんでした、みたいな内容の更新は嫌だと思っていたら2年経っていました…

最近個人的に勉強しているもの

最近は Golang と Kotlin を勉強しています。

Golang

Golang はチームメンバーと Golang 書けるようになりたいね、という話になり勉強会を開くことになったことがきっかけです。
せっかくなら実用的なものにしたいと、既存プロダクトの API を Golang で作り替えることを目的に週に1回30分~1時間程度とりくんでいました。
API 1本完成したくらいでその勉強会は終わってしまったのですが、その後は個人で機会を見つけて書くようにしています。

年末年始は learn-go-with-tests写経していました。
「TDD、なんとなく知ってはいるけれど実践したことはない」という状態だったので TDD と Golang が両方学べるとてもありがたいレポジトリでした。
社内で Golang 勉強していると聞いたらこちらのレポジトリをおすすめしています。

最近だと、新しいプロジェクトが始まり実装タスクごとに Github 上に issue を立てる必要があったので issue を作るアプリケーションを Golang で書いてみました。
今は JSON で指定された内容から issue を作る機能しかないので、追々拡張していけたらいいなと考えています。

Kotlin

Kotlin は上述の新しいプロジェクトで使われている言語なのでキャッチアップも兼ねて勉強しています。
(昔、勉強がてら書いた覚えがあったのでレポジトリを探したら2年前でした。早いなぁ…)

Java と違ってメソッドを変数みたいに書けるのは面白いなぁと思います。

1
2
3
public String hello() {
return "Hello Java";
}
1
fun hello() :String = "Hello Kotlin"

さいごに

アウトプットしないのは知的な便秘 は私にとって身が引き締まるいい言葉でした。
前ほどではなくても何かアウトプットしていきたいと思います。

来週は Java 16 リリースですね

コメント